【ニホンガー】韓国紙「陸上と水泳を強化しないと、日本に奪われたアジアナンバー2の座を再奪還できない」

1 名前:動物園φ ★:2018/09/02(日) 16:53:46.67 ID:CAP_USER.net

【アジア大会決算⑦]日本のエリート体育、24年ぶりに韓国を下し2位
記事入力2018.09.02午前06:07

【ソウル=ニューシス】クォン・ソングン記者

日本は2020東京オリンピックを控えて、長い間投資をしてきた。その結実を今回のアジア大会を通じてかき集めた。

韓国がアジア大会で日本に2位の座を奪われたのは、1994年広島大会以来24年ぶりだ。

韓国選手団は金メダル65個以上で6回連続総合2位を目標に設定したが、達成できなかった。大韓体育会は、韓国選手団の大会序盤の不振により目標を65個から50個序盤に修正した。

韓国に押されて5回連続3位にとどまった日本は、2010年代初頭からエリート体育を全面的に支援してきた。1964年の東京オリンピック後、エリート体育から生活体育中心へ政策を転換した。生活体育の育成により体育の底辺拡大は行われたが、オリンピックなどの国際大会での成績は低調だった。

2020年東京オリンピック招致をきっかけに、豊富な体育インフラをもとに、エリートスポーツを一緒に発展させる体系的なシステムを構築した。

エリート体育の体系的な支援は、2年前に2016リオデジャネイロオリンピックで効果を見せ始めた。当時日本は金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個を獲得し、4年前より5階段上がった総合6位にランクされた。また、オリンピックで12年ぶりに韓国を追い越した。

日本は2008年に韓国の泰陵選手村をベンチマーキングした味の素ナショナルトレーニングセンターを建てた。日本オリンピック委員会(JOC)の宿願事業であり、2016オリンピックを誘致する目的で建設が推進された。

https://sports.news.naver.com/general/news/read.nhn?oid=003&aid=0008786000

2 名前:動物園φ ★:2018/09/02(日) 16:54:01.86 ID:CAP_USER.net

>>1
JOCは、オリンピックやアジア大会などの国際総合大会を控え、有望な選手を選抜して集中的なトレーニングを行うだけでなく、小・中等学校体育特技者を全国から選抜し、この施設で学業と専門種目を一緒に履修するようにした。このようなシステムを介して最高の選手たちが誕生した。

2015年にはスポーツ庁を新設し、エリートスポーツを育成している。生活体育の底辺が広く基礎種目の基盤がしっかりしているので、エリートスポーツの集中投資は相乗効果を発揮している。

一方、韓国の基礎種目はまだ低迷しており、韓国の親孝行種目では上方平準化が進んでいる。水泳で金メダル19個、陸上で金メダル6個など、基礎種目で多くのメダルを獲得した日本とは違う状況だ。日本はまたスケートボード、乗馬、サイクリング、カヌー、ゴルフ、レスリング、バドミントン、アーチェリー、テニスなど、様々な種目でメダルを獲得し、スポーツ強国に浮上した。

日本は、アジア大会で金メダル55個がかかった水泳で、19個の金メダルを獲得し、中国と肩を並べた。日本の水泳天才・イケイリカコが6冠王に上がり、日本選手のアジア大会の単一大会最多金メダル記録さえ塗り替えた。韓国は女性個人メドレー200mのキム・ソヨン(慶北道庁)だけが金メダルを首にかけた。

日本は球技でも金メダルを手にした。女子サッカーの決勝戦で中国を1-0で下した。2014仁川大会女子サッカー決勝で北朝鮮に敗れて準優勝だった日本が、今大会では中国を踏んで頂上に上昇した。

日本の女性ホッケーも決勝でインドを2-1で破って優勝した。日本がアジア大会女子ホッケーで金メダルを獲得したのは今回が初めてだ。

韓国はテコンドーとアーチェリーなどの伝統的なメダル畑で期待に及ばない成績表を受けた。中略

伝統的な親孝行種目への依存度を減らし、水泳、陸上競技などの基礎種目の育成を強化しなければ、日本に奪われた「アジアナンバー2」の座を再奪還できないという指摘だ。生活体育とエリートスポーツの「ウィンウィン」を日本はすでに実行している。

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1535874826

続きを読む

Source: キムチ速報