【国際】仏大学で韓国学科の志願者急増、かつては日本学科の一過程

1 名前:たんぽぽ ★:2018/04/09(月) 06:27:46.41 ID:CAP_USER.net

 先月21日(現地時間)、パリ第7大学の講義室では韓国語会話の授業が行われていた。授業では、韓国学科の学生20人が2人1組になって韓国語で趣味について尋ねる練習をしていた。1年生のイリアナさん(19)は「『いかさま師~タチャ』や『甘い人生』などの韓国映画に魅せられ、韓国学科に入った。競争率10倍をくぐり抜けられてラッキーだ」と話した。

 フランスで、大学の韓国学科を志望する学生が急増している。パリで韓国学科を設置しているパリ第7大学と国立東洋言語文化大学(INALCO)の志願者はいずれも1000人を超えた。

 昨年(9月入学)の志願者はパリ第7大学で1056人(定員約100人)、国立東洋言語文化大学が1014人(同150人)だった。今年9月の入学に向けた今の高3生の競争はもっと激しくなる。

 最近出願が締め切られた各大学では、パリ第7大学に1412人、国立東洋言語文化大学に1360人と志願者が殺到した。両大学の関係者は「2016年以前は志願者が800人未満だったが、最近の韓国学科の人気には驚かされる」と話した。

 フランスで韓国学科が設置されている大学はパリの2校に加え、地方にあるリヨン第3大学、ラ・ロシェル大学の計4校。今年の1年生の場合、リヨン第3大学は667人、ラ・ロシェル大学には493人が志願した。競争率はおよそ10倍だ。

 韓国学科の人気が高まっているのは「韓流」の影響だ。パリ第7大学の1年生、パニさん(22)は「韓国料理とK-POPに魅せられて韓国学科に入った。勉強は難しいけれど面白い」と話した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/08/2018040801910.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1523222866

続きを読む

Source: キムチ速報