【毎日新聞】「私が慰安婦にされていたかもしれない」…在日朝鮮人2世の監督が慰安婦映画を作成

1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/02/28(水) 13:16:41.91 I

ひと
朴壽南さん=慰安婦問題を追い続ける映画監督
毎日新聞

朴壽南(パク・スナム)さん(82)
no title

「私だったかもしれないのです」。在日朝鮮人2世の監督は、最新作「沈黙 立ち上がる慰安婦」に込めた思いを語る。

戦時中の日本で育ち、学校では天皇のために戦争に協力することを教え込まれた。そんな自分と年も近い元慰安婦が重なって見えるという。

戦後、民族差別を意識するようになった。在日朝鮮人少年死刑囚との往復書簡を1冊の本「罪と死と愛と」にまとめ、表現活動を始めた。

「歴史から消された在日の体験。それを掘り起こすのが私の仕事」

今月はあと5ページまで無料です。
残り450文字(全文680文字)
以下ソース

https://mainichi.jp/articles/20180228/ddm/008/070/102000c
 

1日1クリックで応援してね → 


続きを読む

Source: 厳選!韓国情報