【韓国】 文政権、2019年は八方ふさがりの年になる 武藤正敏 元在韓国特命全権大使

be9a8797-s1:ななしさん 2018/12/27(木) 00:41:51.94
韓国・文政権の支持率低下、2019年は八方ふさがりの年になる
ダイヤモンドオンライン

 韓国ギャラップが12月21日発表した世論調査によると、就任以来高い支持率を保ってきた文在寅政権に対す不支持率は46%となり、就任以来初めて支持率45%を逆転した。ただ、保守陣営の最大野党、自由韓国党の支持率は先週比で1ポイント下落しており、文政権の支持低下を生かし切れていない。


 そうした背景にあるのは、韓国の雰囲気の変化だ。

 というのも、文政権の経済政策は完全な失敗であり、また、文政権が強く求めてきた金正恩・朝鮮労働党委員長の年内ソウル訪問が延期となりそうだからだ。外交面でも文大統領は各国から信頼されておらず、来年は一層厳しさが増すと予想される。文政権にとっては八方ふさがりの年となりそうだ。

 では、2018年の年末に当たり、2019年の韓国を展望してみたい。

(以下3タイトルの内容は元記事参照)
・米国と北朝鮮のはざまで身動きが取れない文大統領
「反日4点セット」を持ち出し日韓関係は危機的状況
15年の日韓合意をほごにし慰安婦財団を解散

雇用主導政策で停滞韓国経済に好転の材料なし

 2018年の世界経済は、少なくても夏ごろまでは好調だったが、韓国経済は停滞した。その最大の要因は、文政権が進める「所得主導政策」といわれるもので、過去2年間で最低賃金を29%も引き上げた。さらに来年からは、最低賃金を算出する際の分母に有給休暇も加えるようで、さらに高くなる。このため小規模の飲食業者や商店は廃業に追い込まれており、大企業も韓国での投資を見送って雇用も減少している。

 こうした事態の責任を取って、経済担当の副総理と大統領府の政策室長のツートップを交代させたが、後任も所得主導政策を継続すると表明し、財界からは失望の声が上がっている。

 他方、経済の行き詰まり打開策検討のため「経済社会労働委員会」を発足させたが、それには文政権の強力な支持層だった、全国民主労働組合総連盟(民主労総)が不参加となった。停滞の打破のためには規制改革と労働改革が避けて通れないが、これに反発してのことといわれている。

 来年は、韓国経済にとって最後の砦である半導体の世界需要が落ち込むといわれており、一層難しい経済運営が求められる。しかし、支持層である労組までが反対する規制改革を進めることができるのか、そして所得主導政策に見切りをつけることができるのか。さらには膨張する政府債務によって、これまでのばらまきができなくなったときに国民の不満を抑えることができるのか。

 このように見ていくと、韓国経済の前途は多難と言わざるを得ない。


続きを読む

Source: 厳選!韓国情報