イ・ナギョン総理、即位の礼参席のため日本へ

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国のイ・ナギョン総理が、今上陛下の即位の礼に参席するため、22日に日本を訪れると、複数のメディアが報じています。

<イ・ナギョン総理が22日ナルヒト日王の即位式に出席するために日本を訪問すると伝えられた。イ総理は22〜24日、日本を訪問し、日王の即位式に出席、日本の政界の要人との面談などのスケジュールを実行することが分かった。イ総理が安倍晋三日本総理との会談を通じて韓日葛藤の突破口を用意することができるか注目される。>

https://news.v.daum.net/v/20191013103443166

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ちなみに、韓国KBSが、わざわざ1990年(上皇陛下の即位の礼のとき)にした報道を公開しました。

こうなっています。

(1990年11月12日KBSニュース)「多くの外国使節が、日本からの経済援助を要請しており、お金で釣った即位式だとの非難の声もあがっています」

https://news.v.daum.net/v/20191011215115212

当時(盧泰愚大統領のとき)も韓国からは国務総理が参席しました。

 

こんなことを思ってしまいます。「ああ、韓国って、日本からの援助が欲しくて参席したんだな」と。だからこそ、「皆そういう理由で参席したんだよ」としなければならなかったのでしょう。

今回も、「関係改善のきっかけ」が欲しくて参席する韓国。その期待感(?)の中には、通貨スワップなども含まれているかもしれません。

でも、違います。

日本は、イ・ナギョン総理を、即位の礼に出席してくれたお客様の一人としてちゃんと歓迎すべきでしょう。でも、例の輸出管理強化などは、この件で何とかなるものではありません。それとこれは、完全に別の問題。

日本の、そういう「真のツートラック」対応が必要だと思われます。

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

♨ 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

Source: シンシアリーのブログ