ムン・ジェイン「政府傘下の公的機関で非正規雇用はすべて正規雇用とする!」と宣言 → 非正規職員「ムン大統領、素敵です!」 → オチがすごい……

「子会社には行かない」…韓国の空港保安要員80人一斉退社で大混雑(朝鮮日報)

 1月2日午前、金浦空港から済州、釜山などに向かおうとしていた乗客50人余りが予約便に乗れなかった。13ある保安検査台のうち2つが開けなかったからだ。
(中略)

 韓国国土交通部と韓国航空公社によると、金浦空港は前日の1日から保安検査台の数を減らして運営していた。保安検査業務が委託業者から航空公社の子会社に移管される過程で保安検査要員約30人が相次いで退社したためだ。金浦空港では現在も保安要員が35人不足している状況だ。

 他の地方空港も状況は似ている。保安要員の集団退社で釜山の金海空港で18人、済州空港で20人、清州空港で4人の欠員が生じている。韓国空港公社は仁川国際空港を除く全国14空港を運営しているが、全体で今回の集団退社などにより、81人の保安要員が不足している。欠員は全体の7.8%に達する。

 保安検査は飛行機への搭乗前に乗客とその手荷物を検査するものだ。以前は委託業者が担当していたが、政府の「非正社員の正社員化」政策に従い、2018年6月に消防、対テロなどを除く委託業者の従業員を韓国空港公社の子会社が正社員として雇用することを決めた。これにより、委託業者に所属していた保安要員の多数は1月1日付で子会社の正社員になった。

 委託業者の非正社員よりは立場が安定しているはずの子会社正社員になっても集団退社が起きたのはなぜなのか。保安要員は「子会社に配転されても月給210万ウォン(約19万8000円)、年収2500万ウォン程度にしかならない」として、空港公社本体の職員と比べての相対的に搾取されていると訴えている。空港公社の昨年の一般正社員2400人による平均年収は1人当たり7026万ウォンだ。保安要員は「勤務中ずっと集中しなければならず、厳しい業務にもかかわらず、食事時間も40分しかない」などと業務環境にも不満を述べた。

(引用ここまで)

if(navigator.userAgent.indexOf(‘iPhone’) > 0){
document.write(”);
} else if( navigator.userAgent.indexOf(‘Android’) > 0 ) {
document.write(”);
} else {
document.write(”);
}

 「公的機関、公企業の非正規社員を正社員にする」というのがムン・ジェイン政権の基本方針のひとつ。
 そして、仁川国際空港はムン・ジェインが「公社の正規雇用を進めるべし」と言いはじめた場所でもあります。就任翌々日には仁川空港を訪れて、職員をすべて正規雇用にすると宣言したのですね。
 まあ、その一ヶ月半後には仁川空港公社は非正規社員を全員解雇しようとしていたのですが。
 さすがに非難囂々になって子会社での正規雇用という方針に転換しました。
 仁川国際空港は仁川国際空港公社が運営しており、空港公社の所管ではないのですがやはり記事同様に「子会社での正規雇用」が進められています。

 空港公社の正規職員であれば年収で7000万ウォンクラス。
 仁川国際空港公社の正規職員は9000万ウォン(ソース:公企業「年俸ランキング」2位仁川空港公社9048万ウォン… 1位は?(東亞日報・朝鮮語))。
 子会社の正規社員ではどちらも年収2500万ウォンていど。
 まあ、この収入だったらなにも空港職員として働かなくとも、中小企業でも就職できれば待遇は同じ。
 であればなにも空港業務に固執する必要はないわなぁ……。

 ムン・ジェインが仁川空港を訪れて「非正規職員を正規雇用する」って発言した際にインタビューを受けた職員がいまして。
 涙を流さんばかりに喜んでいたものでしたが。
 そりゃ、韓国では底辺一歩手前の非正規職から突然に年収9000万ウォンの勝ち組になれると思ったら喜びもするでしょうよ。
 ですが、ぬか喜びに終わってます。

「ムン大統領の約束でたらめだったんです」仁川空港労働者嘆く(オーマイニュース・朝鮮語)

 ま、どう考えたって雇用の安全弁である非正規職員を、そんな易々と正規職員になんかしないよなぁ……。
 ちなみに仁川国際空港公社では非正規から正規職に転換した職員もいるのですが、その中の少なくない職員が不正な縁故採用であったということで捜査が入っています。

非正規職の正規職転換「1号」だった仁川空港公社「採用不正に墜落」(韓国経済TV・朝鮮語)

 端から端まで見事なくらいに韓国そのものの縮図ですね。

Source: 楽韓Web