ムン・ジェイン「首脳会談に持ちこめばすべてを解決してみせる」というつもりだった模様……では、その輝かしい戦績を見てみよう

文在寅外交の「首脳会談万能主義」、国際政治の現実と乖離(朝鮮日報)

 外交専門家らは、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の外交・安全保障政策が抱える最大の問題点の一つに、「信仰に近い首脳会談万能主義」を挙げる。「ボトムアップ」「トップダウン」を適切に配合するという外交の定石を無視し、トップダウンにばかりこだわっているのだ。

 外交関連の元高官らの意見を総合すると、南北経済協力、北朝鮮非核化、制裁緩和を巡る南北米の立場が異なっている状況では、多少遅くなっても実務ラインで合意の輪郭を作ってから、首脳間の談判で残りの意見を擦り合わせるという形で「ボトムアップ」と「トップダウン」を組み合わせるのが最善だ。

 ところが文在寅政権は、大統領選前から「トップダウン」式を妄信し、今もその考えにとらわれている、という指摘がある。ある与党関係者は「与党側が首脳会談を信奉するようになったきっかけは6・15と10・4(6・15は2000年6月15日。金大中〈キム・デジュン〉大統領と金正日〈キム・ジョンイル〉総書記が首脳会談で合意した南北共同宣言。10・4は2007年10月4日。盧武鉉〈ノ・ムヒョン〉大統領と金正日総書記が首脳会談で合意した南北共同宣言)。南北関係がどれほど困難でも、ひとたび首脳が会えば全て解決し、周辺諸国もついてくるほかない、と強く信じている」と語った。
(中略)

 トップダウンの中でも南北首脳会談を強く押し出すのは、韓国大統領府(青瓦台)・与党の中心人物らが、学生運動時代から心に抱いてきた「ロマン的対北温情主義」とも深い関係がある、と分析されている。左派学生運動圏から右派へと移ったある人物は「386(1990年代に30代で80年代に大学に通った60年代生まれの世代)は、(韓米)同盟よりも民族の方が優先という考えを確固として持っている。南北関係に執着するので無理筋が続き、4大国外交はおろそかになるのは避けられない」と語った。

(引用ここまで)

 なるほど、これは分かりやすい。
 今回の米韓首脳会談でも「自分がトランプ大統領に会ってしまえばなんとかなる」という腹づもりだったということでしょう。
 なにしろ彼はホワイトハウスにファンクラブを持ち、国民からは外交王と讃えられるムン・ジェイン大統領ですからね。
 で、見事なまでに失敗したと。

 考えてみるとフランスをはじめとしたヨーロッパ歴訪でも、そうやって覆そうとしたのでしょうね。
 どう考えても事務レベルの事前折衝をしている時点で「そんなこと言われてもこちらは非核化優先の話しかできない」って言われているはず。
 というか、言われていないはずがない。
 いくら韓国側の外交部が素人の集まりのように変貌していたとしても、向こう側からは言われているはずなのですよ。
 首脳会談で相手の惨めな姿を晒し挙げるような真似はしない、というのは基本です。下手をすればそれが原因で、する必要のない戦争になることだってあり得るのが外交ですから。

 それでもムン・ジェインは首脳会談で「非核化のためには制裁緩和が必要だ」って言ってしまって、すべての国々で「いや、CVIDこそが必要だ」と返されてきた。
 「制裁緩和してくれ」なんて言わなければ確認の言葉も出てこないのに、わざわざ言及してわざわざ返り討ちに遭う。
 正直、面白く見ていたのは確かなのですが、外交交渉としてはあり得ないことなのですよ。

 自分がトップとして面会すれば覆せると思いこんでいたのでしょう。
 さもなければフランスイタリア、ドイツ、イギリス、そしてEU、さらにはASEAN各国と連続して首脳会談を行っていく中、すべてを相手に「制裁緩和」を言い出して、すべてで「いや、無理」って言われるなんてあり得ない。
 なんとか自分の力量でトップ会談に持ちこんで、制裁緩和を言ってくれる味方を見いだそうとしたのでしょうが……。
 すべてのありとあらゆるシーンで滑り倒してきた。
 自分で思っていたほどの力量がなかった、ということですね。

 ムン・ジェインの外交方針が記事の通りであるのなら、いろいろなことに納得がいきますわ。
 上記のヨーロッパの国家首脳のひとりから「あの人は少しおかしい人ではないのか」と言われるのも当然ということですね。

イギリスの情報外交 インテリジェンスとは何か (PHP新書)
小谷 賢
PHP研究所
2004/11/15


Source: 楽韓Web