個人は民族の所有物?

この前に紹介した「真の韓国人とは」エントリーの続きとなります。

「Comforting an Orphaned Nation(韓国語版タイトルは『海外入養と韓国民族主義』)」のことで、もっと情報を探ってみました。

前のエントリーでも書いていますが、トビアス・フィビネットさんは、韓国のことを「巨大な民族主義だ」と指摘しています。

個人的に注目したのは、本文の(韓国語版の直訳)「属性化」という言葉です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

これは本のニュアンスからしてそうですが、「属性化」は「所有される存在になっていく」に近い意味になると、私は思っています。韓国の民族主義は所有欲が強く、人を自分のものにしないと気が済まないという意味です。

韓国人は、民族を家族の拡張版みたいなものだと考えています。韓国人が言う「民族」というのは、もともと「自民族中心主義」に同意するかどうかで決まるものですから。韓国人が家族に感じることは、究極の「ウリ」思想です。韓国人は家族のことを、いわゆる「ウリ」の結晶だと思っている側面があるからです。韓国人の「情(ジョン)」は、「ウリ」の間でしか機能しません。恨(ハン)はナムに向けるもの、情はウリに向けるものです。

そういう歪んだ家族観の副作用で、韓国では、儒教思想的に自分より格下(年下)の家族(特に、自分の子)を自分の所有物みたいに思ってしまう風潮も強く、韓国内部でもよく問題視されています。

 

これらの解釈を合わせてみると、韓国の民族主義というのは、「個人は民族の所有物」であるという見方が可能になります。

韓国の民族主義を「所有欲」と表すと、真の韓国人とは、民族主義に所有された存在を意味すると言えましょう。

もちろん、「所有された」人たちの所有者は、「民族」ではありません。「民族」という言葉を、自分の利害関係のために使っている人たちこそが、真の所有者になるのでしょう。

宗教を利用して儲かる人たちが、信徒たちを自分の所有物みたいに思っているのと同じです。さらっと書きましたが、恐ろしいことです。中世みたいですね。

 

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

Source: シンシアリーのブログ