外国記者「会談の『朝鮮半島の非核化』はCVIDに基づくものか?」→ムン・ジェイン「ゴニョゴニョ」

<南北首脳会談>文大統領「北の非核化意志は確実」…CVIDには確答せず(中央日報)

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、前日の南北首脳会談の結果を説明する記者会見で「金正恩(キム・ジョンウン)委員長が韓半島(朝鮮半島)の完全な非核化の意志は確実だということを昨日改めて表明した」と明らかにした。しかし「金正恩委員長は完全で検証可能かつ不可逆的な非核化(CVID)を受け入れたのか」という質問に対しては、「米朝間で会談に合意して実務交渉をするというのは、米国も北のそのような意志を確認したのではないか」とのみ答えた。
(中略)

文大統領は「金正恩委員長の非核化意志が確固たるものと見る根拠は何か」という質問にも「すでに何回も説明した」「追加の説明が不要」とだけ答えた。また「非核化の意向が同じだとしても、それをどのように実現していくのかというロードマップはまた両国(米朝)間で協議が必要であり、そのような過程が難しいかもしれない」と述べ、具体的な接近法で隔たりがあるという点も示唆した。
(中略)

しかし「リビアモデル」のように超短期間内の非核化完了を希望する米国と、段階的・同時的な非核化を通じて見返りを最大化しようとする北朝鮮の隔たりが狭まらない限り、いつでも米朝首脳会談は揺れる可能性があるという分析だ。

(引用ここまで)

 これが「ムン・ジェイン保有国」の限界ですわな。
 けっきょくのところ、北朝鮮の走狗でしかない。
 鈴置高史氏が日曜日に「早読み 深読み 朝鮮半島」を緊急更新していまして。

米国のパンチかわそうと抱擁してみせた南北首脳(日経ビジネスオンライン)

 第2回の南北首脳会談はムン・ジェインがキム・ジョンウンの配下にあるということの確認のために行われた、という論旨のコラムとなっています。

 北朝鮮から「これはどうなっているのだ!」と尋ねられたときに「仰せの通りにございます」しか言わないバカ家老がムン・ジェインの姿なのですよ。
 韓国大統領府が朝日新聞を出禁にした理由にもそのままつながっていますね。
 それ以前にも「北朝鮮に飛べと言われたら、『どれほどの高さでジャンプすればよろしいでしょうか』と尋ねるのが現在の関係性だ」という話も出ていましたね。

 ムン・ジェインはキム・ジョンウンに対して、CVIDに基づく非核化でなければアメリカは受け入れないし、受け入れられなかった場合には跡地に塩を撒かれるレベルの滅亡もあり得ることを言うべきなのですが。
 ま、走狗にはそんな諫言は無理ですわな。
 鈴置さんが言うところの「韓国の仲人口」が滅亡を早めた可能性すらあるというわけですが。
 ムン・ジェイン保有国、頑張って!

ノンフィクションフェアでローマ人の物語が全巻半額。
ハンニバル戦記──ローマ人の物語[電子版]II
塩野 七生
新潮社
1993/8/10


Source: 楽韓Web