文大統領、ウズベキスタンで「抗日」を叫ぶ

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国では、旧ソ連(ソ連の崩壊により範囲が曖昧になりましたが)地域に住んでいる朝鮮半島出身者の子孫たちを「高麗人」といいます。ロシア語で、彼らを「カリェーエツ(高麗人)」と呼んでいるからです。コリアという言葉が高麗(コリョ)から来たから、でしょうか。

文在寅大統領がウズベキスタンを訪問し、同胞(現地の韓国人および韓国系の人たち)と懇談会を開きました。ですが、突然「高麗人1世代は全員が独立運動家(独立有功者)」と話しました。無茶苦茶な理屈が多い韓国の独立運動主張の中でも、前代未聞です。多分、文大統領は、ウズベキスタン移住世代全員が「日本と戦った人たち」「日本によって強制移住された人たち」という考えを持っているようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ウズベキスタンを国賓訪問中の文在寅大統領は20日、在外同胞懇談会を開き、「勲章を受けなかった人でも、高麗人1世代は、全員が愛国者であり、独立有功者だ」とした。文大統領はこの日午前・・(略)

 

・・同胞懇談会でこのように述べた後、「3・1独立運動と大韓民国臨時政府樹立100周年の今年、誇らしい独立有功者の子孫たちと出会えてとても意味深い」とした。また「あらゆる困難を克服してウズベキスタンの誇り高い国民になれた皆さんがあまりにもすごいし、あまりにもありがたい」と語った・・>

https://news.v.daum.net/v/20190420170002686

そして抗日関連の話を熱心にしたらしいですが・・本当に彼らがウズベキスタンの国民になったことが凄いと思っているなら、抗日以外に話すべきこともあったのではないでしょうか。

それとも、「高麗」という響きから某連邦制を思い出して興奮したのでしょうか。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

Source: シンシアリーのブログ