日本政府「慰安婦は性奴隷じゃない、韓国政府にも確認済み」と主張 韓国の反応

 海外の反応 韓国

韓国政府が日本軍慰安婦を性奴隷だったと規定するのは事実とは異なり、「性奴隷」表現を使ってはならないという点を確認したと、日本政府が公式文書として主張して議論が起きている。

日本外務省が発行した2019年の外交青書を11日に確認すると、日本軍慰安婦問題に関するコーナーに「性奴隷という表現は事実に反するので、使用してはならない。この様点は2015年12月日韓条約の時の韓国側も確認し、同合意でも、一切使用されなかった」と記録されていた。

関連

1

朴槿恵政府時代の2015年12月尹炳世(ユン・ビョンセ)当時、韓国外交部長官と岸田文雄、当時、日本外相が発表した韓国慰安婦の合意過程で、この様な合意があったと日本政府が外交懸案などを記録した文書で主張したのだ。

2018年の外交青書には「性奴隷」は事実と認識しないという日本政府の立場を引き続き説明するという趣旨で、性奴隷表現に対応するという方針程度が盛り込まれているが、今年急に韓国政府を引き入れる説明が登場したのだ。

これは、日本軍慰安婦が、「性奴隷ではない」という日本政府の主張を韓国政府も受け入れたように解釈されるものとみられる。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱 海外・韓国の反応