検察、朴槿恵氏に懲役三〇年、罰金(約)120億円

裁判結果は三月末~四月あたりになると思いますが、朴槿恵氏に対する検察の求刑がありました。懲役30年と罰金1千185億ウォン(約120億円)です。

チェ・スンシル氏の場合、求刑25年罰金約120億円でしたが、1審結果は懲役20年、罰金約18億円・追徴金約7億円でした。

http://v.media.daum.net/v/20180227150837111?rcmd=rn

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

朴氏は現在、公判にも参席していません。

検察側は、「この事件は大韓民国の歴史において洗いながすことができない傷を残したが、一方、国民の力で民主主義と法治主義を正す貴重な契機になった」、「悲劇的な歴史を繰り返さないと示すために、罪に相当する厳重な処罰で責任を問わなければならない」と話した、とのことです。

日本に対していつも「歴史を直視せよ」と言っていた朴槿恵氏ですが・・「歴史を直視するために厳罰」の対象になりました。皮肉なものですね。

しかし、検察があのようなデモを「法治を正した」と評価していいのでしょうか。

 

 

↓3月3日の産経新聞に広告が載ります!

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

Source: シンシアリーのブログ