河野外相、韓国に「極めて無礼な発言だ」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

河野外相が、例のムン3号の発言に対し、「韓国は極めて無礼な発言だ」と話したことがわかりました。今日(12日)の衆院予算委員会でのことです。

聯合ニュースがこの件を「漸入佳境」としながら、熱く(笑)記事にしています。

漸入佳境はもともと「どんどん美しい景色が現れる」という意味ですが、韓国では「どんどん偉い騒ぎになる」という意味でよく使います。「そこらへんでやめるべきだろう」というニュアンスで、「身の程を知らずにやりすぎる」という意味にもなります。

特に日本関連の記事で、「賊反荷杖(居直り強盗)」とともに、よく出てきます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・日王が慰安婦問題について謝罪しなければならないというムン・ヒサン国会議長の発言に対して、日本外相が「失礼だ」と反論するなど、日本の対応発言の水位が高まっている・・

・・日本政府は外交ルートを通じて正式に文議長に謝罪と発言の撤回を要求した・・

・・日本政府は、韓国の裁判所の強制動員判決、慰安婦和解・治癒財団(※慰安婦合意の財団のこと)解散、「哨戒機・レーダー」葛藤などで韓日関係が悪化の一途を歩いている中、文議長の発言を新しい葛藤の材料として強調している・・>

https://news.v.daum.net/v/20190212173538079?d=y

 

またもや「日本が嫌韓のために利用している」なニュアンスの記事ですね。

本ブログ的な「オチ」をつけますと・・もう読者の方々もご存知でしょうけど、韓国としては「無礼だ」はかなり「効いた」かもしれません。

本当は上下関係にも礼儀があります。礼儀というか、規則というか、それとも範囲というか・・例えば会社の上司の場合は、それより職位の低い人たちに比べると明らかに「上下」の関係が成立します。しかし、それはあくまで「会社の上司」または人生の先輩的な範囲に限られた「上」であり、なんでもかんでも上が下より偉そうにしていいものではありません。

言い換えれば、世の中に存在する上下関係には、ある種の礼儀が必要です。下が上に対する礼儀だけでなく、上もまた下に対する礼儀を大事にする必要があります。

でも、韓国社会ではそうではありません。韓国では、礼儀というのは基本的に「下」が「上」に対して『だけ』取るものです。

 

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

Source: シンシアリーのブログ