海外「イ・スンウがトヨタの広告版を踏んでゴールセレモニー!」日韓戦の歴史に残るセレモニーに韓国サポーターが感嘆する‥

 海外の反応 

韓日戦はいくつかの要素が複合的に影響を与える。 ゴールセレモニーも相手を刺激したり萎縮させることができる部分だ。 数多くのセレモニー中にもいつも記憶の中に残っているのはいつも韓日戦だ。

1994広島アジア大会で日本に2ゴールを入れてガッツポーズを見せてくれた黄善洪(ファン・ソンホン)の喜びを満喫したのは敵地で、日本サッカーの自尊心を制した十分だった。

1

最近の韓日戦で行われたセレモニーは相手に水を差して悠々と歩く散歩だ。2010年サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会を控えて、日本との親善試合で朴智星がゴールを決めたあと、見せてくれた散歩セレモニーはこれといった咆哮なしに、堂々と歩くことが核心だ。日本に対してゴールを入れることが何でも無く、軽く散歩するようにプレーするセレモニーは相手を沈黙させても仕方がない。

歴代最も熱かった韓日戦と呼ばれる2012ロンドン五輪3-4位戦でも韓国は、ク・ジャチョルの先制ゴール以後、ベンチに駆けつけて万歳三唱を繰り広げた。 当時、光復節を控えていた時点に奇誠庸(キ・ソンヨン)の提案で万歳セレモニーがグラウンドを沸かせた。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱 海外・韓国の反応