海外「日本が2021年度、グローバルホークを配備“中朝の軍事動向”を監視へ」

 海外の反応 

日本政府は今年2021年度から高度無人偵察機’グローバル・ホーク’を導入・配備し、中国と北朝鮮の軍事動向を監視すると読売新聞が30日報道した。

1

新聞によると、日本防衛省は青森県三沢航空自衛隊の基地に順次到着し、グローバル・ホーク3機を、陸海空自衛隊合同で運営する計画だ。

防衛省は150人規模の陸海空共同部隊を創設して、長時間にわたって広い空域を偵察できるグローバル・ホークの優れた性能を最大限に発揮し、陸海空の自衛隊が運営ノウハウを共有するようにする方針だ。

これらのグローバル・ホークを通じて収集した北朝鮮と中国の軍事情報は防衛省情報本部で分析して対応策を樹立するようになる。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱 海外・韓国の反応