米韓がそれぞれ平昌五輪、パラ終了後の合同軍事演習再開に言及。韓国側のそれはちょっと微妙な感じ……本音はやりたくない?

パラ後の軍事演習実施は計画通り 米国務省報道官(産経新聞)
韓米演習巡り「平昌パラ以降に発表」 実施時期問われ韓国国防相(聯合ニュース)

 米国務省のナウアート報道官は20日の記者会見で、平昌冬季五輪・パラリンピック期間(2月9日~3月18日)中の実施を延期した毎年春の米韓合同軍事演習について「(パラリンピック後に)実施しないと考える理由はない」と述べ、計画通り実施されるとの認識を重ねて示した。

(引用ここまで)

韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は20日、平昌冬季五輪・パラリンピック期間と重ならないよう実施を延期した韓米合同軍事演習と関連し、「パラリンピックが終了する3月18日から4月より前に韓米両国の長官が正確に発表する」と述べた。両国は演習について、発表までは肯定も否定もしないことにしたと伝えた。国会国防委員会の全体会議で、演習の実施時期を問う議員の質問に答えた。

(引用ここまで)

 アメリカのナウアート国務省報道官が「パラリンピック後に米韓合同軍事演習を行う」と発言。
 アメリカとしては北朝鮮が要求している米韓合同軍事演習の延期につきあう気はない、という意思を表明したわけです。

 で、そのタイミングに合わせるように国防部長官であるソン・ヨンムからも「3月末までには正確に発表する」とアナウンス。
 韓国政府も同様に考えているということ……なのですが。
 ただ、ソン・ヨンムは政権内部の主流派ではないのですよね。
 ちょっと前の朝日新聞ソウル支局長である牧野愛博氏の記事にもありましたが、北朝鮮代表団を歓待した5人組には入っていない。

 さらに「3月末までには発表する」であって、演習を行うではないという言いかたにもちょっと注目ですかね。
 もうひとつついでに「米韓両国は演習について発表までは肯定も否定もしないことにした」とあります。こういったNCNDの態度というのはよくあることではありますが……ナウアート報道官のそれは明白な肯定に見えますね。

 一応、主流派である統一部長官からも「再開する方向で協議を進めていると聞いている」というコメントはあるのですが。

五輪後の韓米合同軍事演習 「反対する考えない」=韓国統一相(聯合ニュース)

 いまのところ、ムン・ジェイン本人からの演習再開に対する言及はありません。
 うむ、微妙。
 安倍総理から「平昌後こそが大事だ」といわれて「内政干渉だ」なんて返したところを見ても、やりたくない感にあふれているのは間違いないですけどね。

次に読む予定の本。
米中海戦はもう始まっている 21世紀の太平洋戦争 (文春e-book)
マイケル・ファベイ
文藝春秋
文藝春秋
2018/1/29


Source: 楽韓Web