貴重な体験

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

妙な展開のじゃぱんらいふカテゴリーです。

「ゾンデ」をご存知でしょうか。

噛まれるとゾンデになり、弱点は頭・・ではなく、韓国では自分を下げ、相手を上げるやり方を大まかにゾンデと言います。

例えば、日本で言う「敬語」「尊敬語」「尊称」などが、韓国語ではゾンデ・マル(존댓말、マルは言葉の意味です)になります。

ゾンデはどんな漢字を使うかで、尊待(ゾンデ)か、尊大(ゾンデ)かで、意味やニュアンスが違います。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

尊待は、普通に「相手に尊重尊敬を表して接する」態度で、別に問題無い言葉です。実際にやる人はそういませんが、「6歳年下の人に尊待する」としても、別に悪口にはなりません。

尊大は、「自分より『格上の人』に接する」という意味が強く、韓国社会では、必然に「おもねる」のニュアンスがつきまといます。「6歳年下の人に尊大する」というと、それは「恥知らずなこと」になります。韓国では。

余談ですが、自分より職位が上の人、すなわち上司のことを古い言葉(多分、中国から入ってきた言葉?)で「尊大人」と言いますが、尊大は尊大人から来た表現ではないでしょうか。

 

一つ前の、スガガガガーエントリーで、こういう引用部分がありました。

<・・菅は位階秩序を重視するスタイルで有名である。彼は6歳も幼い安倍が私的な席で冗談を投げても、徹底的にゾンデすることが知られており・・>

https://news.v.daum.net/v/20190518060014239

当たり前ですが、ソース記事原文には漢字表記が無く「ゾンデ」となっていたので、「シチュエーション的には尊待だけど、ニュアンス的に尊大かな」と思って「尊大」にしました。明らかに菅義偉氏をディスる(上におもねる人だとする)流れだったからです。

 

その後、ちょっと買い物して外でご飯食べて、華麗に帰ってきて、録画しておいた「甲鉄城のカバネリ」総集編を見ながらブログをチェックしたら・・

なんか、コメント欄の反応がおかしいことに気づきました。

「ここに『尊大』が来ると内容が合わなくなるのではないか」な指摘でした。

「あれ?」と思って調べてみたら・・日本語の尊大は、「偉そうにする」という意味でした。なるほど、これだと内容がまったく別の意味になります。

 

一年中、様々な誤字が咲きほこる本ブログですが(←美化)、今日は特に貴重な体験をしました。

いままで10年以上ブログやって、誤字の指摘を受けてそれが何のことか「全然わからなかった」のは今日が初めてです。

まだまだ勉強が足りない、そう思って、もっと多くのことを身につけられるよう、心がけます。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

Source: シンシアリーのブログ