青年の手が真っ白に燃え尽きる

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

朝鮮日報に、「青年4人の1人が事実上の白手」という記事がありました。韓国では(働かない人は手が白いから)、ニートなどを「白手(ペクス)」と言います。

『日本』以外が話題にならなくなった」。

韓国の反日には、韓国内の問題を隠したい、すなわち政治的利用という側面もあります。それは、決して反日思想のすべてではありませんが、そういう側面があるのは事実です。どちらかというと、「問題を隠すために反日を作った」のではなく、「総意として存在する反日を、問題を隠すために利用している」と見るべきでしょう。

「政治利用」「選挙対策」「歴史修正」などなど、韓国が日本に対して使っている言葉は、実は韓国自分自身の姿でしかないわけです。

最近の韓国の「抗日ブーム」もまた、「日本(抗日)以外は話題にならなくなった」という側面があるのは、言うまでもありません。特に私が驚いたのは、経済、例えば最低賃金引き上げ問題などが、一気に消えてしまったことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・特に、青年層(※15~29歳まで)の体感失業率は過去最高だ。青年層の雇用増加のほとんどが、内実の無い雇用であるという意味だ。体感失業率は失業者、就職意思を持っているけど積極的な就職活動を行わない人、短時間だけ働く勤労者でありながら追加の就業の意思がある人などを全て広い範囲での失業者と見なす概念だ。

7月の青年層の体感失業率は23.8%で、統計を取り始めた2015年以降で最高を記録した。青年の4人に1人が事実上の失業者であり、不安定な職業に就いた青年がそれだけ多いという意味だ。

就職も就職活動もしない非経済活動人口のうち、特別な理由もなく「休んだ」に分類される人も増加するいっぽうで、7月には209万4000人となり、前年同月を20万8000人も上回った。2003年に統計を作成するようになってから最高の値だ。特別な理由もなく「休んだ」青年層の人口も過去最大の37万2000人に達した。過去2年間で10万人も増えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190815031127226

 

 

体感失業率は、実際の失業率と、国民が体感する失業率の差がありすぎで、何年か前から集計するようになりました。

記事で特に興味深かったのは、<・・政府の、税金使いまくり短期雇用政策が労働市場を歪曲し、最近では雇用率と失業率が一緒に上昇する珍現象が現れている・・>の部分でした。普通、雇用率が上がると失業率は下がります。

記事では20~30代の話をしていますし、確かに深刻ですが、個人的に、韓国でもっともダメージを食らっているのは「40代」だと見ています。リンク先は去年8月のものですが、それから続報がありませんね。

 

 

あと、余談ですが、この記事(朝鮮日報)の日本語版、「短時間働き、それ以上就業の意思がない人など」となっていますが、「短時間働き、それ以上の就業の意思が『ある』人など」の間違いだと思われます(8月20日11時30分時点で)。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/15/2019081580010.html

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

♨ 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

Source: シンシアリーのブログ