韓国から狙われている日本の「知的財産」を守る「最も簡単な方法」⇒「もう日本は取り返しのつかないところまで来ているのかも…」

【現代ビジネス】

————-
弁理士として東京に事務所を構え、国内外4万件以上の特許・商標を扱ってきたという国際パテント・マネタイザーの正林真之氏。
特許、商標、意匠をはじめとする知的財産の権利化と保護、そしてその運用について、日本はかなり遅れを取っていると危惧する。
このままではアジアの、世界の最貧国として高齢化社会の中没落してしまうのではないかーー。
その危機感を持って実際に日本の知財が盗まれた例をもとに、今すぐ日本と企業が取るべき戦略を説明する。
————-

アップルに589億払ったサムスンの敗北

 2018年5月終わり、2011年から続いていた韓国のサムスンと米国のアップルとの特許侵害を巡る裁判の決着がついた。

 サムスンが2010年と2011年に発売したAndroidスマートフォンで、スマートフォンに関連するAppleのデザイン特許の3件を侵害したとして5億3,331万6,606ドル(約583億円)、一般の特許の2件を侵害したとして532万5,050ドル(約5.82億円)、併せて総額約5億3,900万ドル(約589億円)をサムスンは支払わなければならないことになったのだ。参考までに申し上げると、東京スカイツリーの建設費が約500億円である。

 以前認定された損害賠償額を不服として争っていたサムスンだが、シリコンバレーの中心地に位置するサンノゼの米連邦地方裁判所で全員一致の評決として下された結果は、サムスン側の主張とアップル側の主張のそれぞれの金額のほぼ中央値だった。つまり、今回の損害賠償額は完全にサムスンの敗北と言える。

 陪審団がこのような評決を下した根拠は明らかにされていないが、いずれにせよこのような高額の損害賠償は、IT業界全体にデザイン、つまり意匠権の重要性を改めて認識させることは確実だろう。

 これは、「同じように訴訟に追い込まれ、高額な賠償金を支払わなければならなくなる可能性がある」ということではあるが、それ以上に重要な考慮点があることに留意しなければならない。

 つまり、サムスンというのは「技術というのは自ら開発するものではなく、調達してくるものだ」と言っていた時期があり、上記の案件はその結果であるとみることもできるからだ。そして、「日本の企業がいつ何時、同じように盗まれる可能性がある」ということを、忘れてはならない。

「盗まれた」ことが分からない日本

 そもそも、日本では「知財が盗まれたこと」がわからない状態が多い。盗むほうは何を盗むかがわかっているけれど、盗まれた方は何を盗まれたかが分かっていないので、「価値があるから守らなければ」という頭がないことが多い。

 ごく身近な例を挙げてみよう。私が子どもの頃、持っていた未使用のテレホンカードが欲しいと弟から言われた。1000円で買ったものだったのであげたあとに、それが岡本太郎のもので、市場で2万円くらいで売っていることがわかった。しかし私には価値が分かっておらず、弟はわかっていた。弟も卑怯かもしれないが、わかっていなかった私に間違いなく落ち度はある。

 「価値がわかるか、わからないか」ということはそういうことだ。

 日本からの知財流出の分かりやすい例を挙げてみよう。2015年からの訴訟で、韓国の鉄鋼最大手ポスコが新日鉄住金に2,990億ウォン(約317億円)の和解金を支払った事件をご存知だろうか。電気を家庭に送る変圧器等に使われる方向性電磁鋼板の製造技術を不正入手したポスコが、その罪を問われた裁判での和解だったが、ほぼ新日鉄住金の全面勝訴に近い形だった。

 しかし、この結果を喜んでいる場合ではない。最も恐ろしいのは、発覚までの約25年間近く、新日鉄がポスコに製造技術を盗まれ続けていたことがわかっていなかったことだ。

 しかも、ポスコの社員が中国企業にポスコの機密情報を売り渡したということで捕まり、その刑事訴訟で容疑者が「技術はポスコのものではなく、もともとは新日鉄のものだ」と衝撃的な証言を行ったという。つまり、「日本のものを盗んだのであって、韓国のものは盗んでいない」という内容を証言したことから、この事件が発覚したのである。

 当然のことながら、この事件で新日鉄住金はポスコに情報を漏らした元社員に損害賠償を求めた。その結果、元社員を含む約10人が新日鉄住金側に謝罪し、裁判の末、元従業員らが罪を認めて解決金を支払った。その解決金の額は公表されていないが、1人あたり1億円を超えていたとも報じられている。新日鉄が2017年3月に訴訟を取り下げ、この事件は終結した。

あるのが「当たり前」になると守れない

 ここで疑問なのが、新日鉄は元社員たちと彼らが持っている技術を自分たちの「財産」だと認識していただろうかということだ。

 訴状で「実行犯」と名指しされた元新日鉄社員たちは、1980年代後半から1990年代半ばに新日鉄を退社した技術者たちで、中には賞も取っている人もいた。しかしどんな優れた発明をしても、会社からは特許1件につき数千円程度の手当だけしか支払われておらず、決して優遇されたわけではなかったようだ。

 新日鉄からしたら、「膨大な研究費を払っている」などの言い分はあるだろう。しかしそれぞれの言い分があるとはいえ、「知財が流出した」事実は明らかだ。損害では1100億円にも及ぶという。幸い、技術には特許を取得しているため賠償金を得ることはできたが、それも偶然盗まれていた事実がわかったゆえである。

 盗まれていたことすら認識していなかったのは、流出した技術を持った「技術者」そのものに対して軽視していたからでもあるのではないだろうか。社員として雇ったことで、その技術者が存在していることが「当たり前」になっていたことは間違いないだろう。

 自社の技術を守るのは、あくまでその企業自身であることは言うまでもない。

 技術流出で競争力を失う事態を防ぐためにも、知財保護に対するプロフェッショナルな対策が欠かせない。そして保護するためには、「何が会社の財産なのか」を認識する必要がある。

法外な条件で韓国が狙う「生きた知財」

 週末になると、韓国行きの飛行機に日本の企業の技術者達が大挙して乗り込み、韓国の企業に“アルバイト”に出かけているなどということがまことしやかに囁かれていたことをご存じだろうか。

 高い技術力を持つ日本の技術者達が、日本の企業が長年培ってきた貴重な知的資産である日本企業の独自技術を、サムスンをはじめとする韓国企業に、高額の“バイト料”で教えていたというのだ。その“アルバイト代”が100万円であろうが、1,000万円であろうが、実は1億円分のことを教えていたかもしれない。

 韓国サムスングループでいえば、日本人技術者ヘッドハンティング攻勢も有名だ。多額の日本企業と一桁違う年収はもちろん、転職に伴う数千万円の契約金、専属秘書、運転手付きの車、豪華なマンション、日本への帰省費用、そして家族の韓国への招待まで、まさに至れり尽くせりの“ニンジン”に、心が動かぬほうがおかしいとさえ思えてしまう。

 もちろん、サムスンが欲しいのはその技術者ではなく、その技術者の頭の中にある技術という知的資産にほかならない。こうして、巧妙かつ大胆に、日本が世界に誇る技術の数々が公然のごとく韓国に流出しているのだ。

  技術を教えていることに関して、日本人技術者も自分が価値あるものを与えているということに気が付いていないはずはない。その価値に対して、日本が、自分の企業がきちんと対価を払ってくれているか、そして尊重してくれるかを見て、より良い条件のところに転職しただけなのだ。日本で情報が欲しいサムソン側は、何が欲しいかということが明確にわかっており、その価値も十分に認識している。「自分の価値をわかってくれるところに行く」のは理にかなったことでもある。

 実は、日本の知財管理の一番の問題点はここだと思う。つまり、何がこの国にとっての財産なのかを、きちんと認識していないことなのだ。現実には、知財の海外流出による、何百億円もの利益の海外流出が起きていることは意外なくらい認識されていないのだ。

日本に足りない知財戦略を補うためには…

 2020年以降の本格的な高齢化社会の到来に対して、国家レベルでの知財のマネタイズは、最も緊急度の高い必須課題のひとつに違いない。そこでは、企業間、産業間を越えた日本国としての知財戦略が求められる。

 経済戦争などという言葉を使いたくはないが、トランプ政権のアメリカ・ファーストによる関税率増大とその対抗措置を巡る中国やEUの動向。戦々恐々とその戦況をただ傍観者のように見守るその前に、日本の国家的な知財戦略立案が不可欠なのだ。

 では、どうやれば戦略を立てられるのか。まるでスパイ映画のような大きな戦略かと思うかもしれないが、一番大切なのは「企業や社員の長所を見つけること」だ。

 クラス全員の長所を挙げていくという小学生の授業がある。まるでこの授業のようだと笑ってはいけない。それこそが冒頭に述べた「価値が分かるか否か」ということなのだ。

 欠点を指摘することはとても簡単で、誰もが名人芸的にうまい。欠落していることはわかりやすいからだ。しかし、長所を挙げろというと難しい。そうなると、「長所をのばせ」「長所を守れ」といっても、何を伸ばせばいいか、守ればいいのかがわからない。

 我々弁理士の仕事は、その企業やクライアントの長所を見極め、マネタイズすることも大切なひとつである。そのためにも、私の事務所では会議のたびにお互いの長所を挙げていく。「良い所を見つける」トレーニングを行うのである。もちろん長所を言われたら言われたほうがも嬉しいので、所内の雰囲気も明るくなる。

 つまり、どんな小さいと思うことでも「会社の良い所」「会社にいる人材の良い所」を挙げていくのだ。良い所を挙げることで、それが財産であることに気づき、特許を取得する、人材確保のための対策を取るなど、「知財を守る」ための戦略を練ることができる。あって当たり前のものだと思って軽視していたがゆえに、会社の財産であった人材が去って裏切るということも起こらなくなるだろう。

 サムスンとアップルの知財を巡る争いを、三面記事やワイドショーを見るような眼で見ていていいのか。ポスコと新日鉄の特許紛争を、日本の勝利としてほくそ笑んでいていいのか。決してそうではない。まずは目の前に当たり前のようにしてある「財産」の価値を見極めること、そこから知財戦略は始まるのである。

————-
正林真之 しょうばやし・まさゆき 1998年に弁理士として独立し、現在の正林国際特許商標事務所の基盤となる事務所を設立。弁理士会副会長も務める。知的財産のエキスパートとして現場で活躍しながら、弁理士養成の講師も続けてきた。
音楽の知的財産をモーツァルトとプッチーニはどのように使用したのか?という入り口から、国内外で見られる知的財産の使用例をまとめた『貧乏モーツアルトと金持ちプッチーニ』が発売中。
————-

正林 真之

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00056095-gendaibiz-bus_all

この記事へのみんなの反応

名無しさん 2018/07/25(水) 08:33:44
アメリカくらいありえない額の裁判するべき
技術は宝だ
その意識低すぎる。争いごと好まな過ぎるのもいつか、飲み込まれる
名無しさん 2018/07/25(水) 10:19:25
>しかしどんな優れた発明をしても、会社からは特許1件につき数千円程度の手当だけしか支払われておらず、決して優遇されたわけではなかったようだ。

『アメリカのダイリーグで活躍するダルビッシュや大谷は、税金で作ったグランドで野球を教えてもらったんだから、彼等の給料の95%は日本国が指し押さえるべき』なんて発想にはならないのに、日本のサラリーマン技術者には、そんな発想が適応される。横並び大好きの日本人は、強欲の咎で、滅びるしかないのでは?

名無しさん 2018/07/25(水) 08:26:28
そういえば盗まれたイチゴがとてもおいしかったとノー天気な奴が居たな?
名無しさん 2018/07/25(水) 11:03:27
最近、アメリカのテレビに出てた経済関係のコメンテーターが「韓国が発展しているのは日本が近くにあるからだ」と言ってましたね。

それを聞いた韓国人が激怒して、そのコメンテーターを総攻撃して謝罪させたのですね。

「韓国が発展しているのは近くに日本があるからだ」まさにその通りじゃありませんか。

韓国人はアホだから自分の力で何かを生み出すことができず、日本の技術をパクってばかりいるが正解なのではないのでしょうか。

日本政府に言いたい「知的財産を守るための法律を作れ」「日本政府・日本企業の許可なしに日本企業の技術者が海外に技術を流出させたら懲役刑になる」とか法律を作れ。韓国の産業スパイを逮捕しろ。

日本企業は自分の会社の技術者が成果をあげたらそれに見合った報酬を支払うようにしろ。

名無しさん 2018/07/25(水) 11:30:49
×あきひめの開発者を訪れた韓国のイチゴ農家のジイサン
〇レッドパールの開発者を訪れた韓国の農業研究者

×他の人には決して売らない約束
〇5年間の期限付き有料で栽培できる条件で苗を渡す契約

いろいろ間違っとるぞ。
どっちにしてもロイヤリティの支払われてない日本産と日本産のイチゴを掛け合わせて作ったものを韓国産と言ったところでね。

名無しさん 2018/07/25(水) 12:16:38
そりゃしらないんだから正直に言うわな。能天気でもなんでもないと思うが。
名無しさん 2018/07/25(水) 08:56:06
待遇に不満→情報漏洩が一番多い。
待遇も要求が青天井だし、自社の社員だけとも限らないから、懲罰的な制裁の導入は必要と思う。
名無しさん 2018/07/25(水) 08:43:28
正しいんだけれども、
そんな悠長な時間はない。
最も簡単な方法、
それはKとの断交だ。
次に簡単なのはスパイ防止法。
CとKをセットで一網打尽。
名無しさん 2018/07/25(水) 12:52:52
その通りだと思います。
名無しさん 2018/07/25(水) 09:12:47
最初の防衛策は国交断絶。
名無しさん 2018/07/25(水) 15:38:55
入国審査はホワイトリスト方式でお願いします。
名無しさん 2018/07/25(水) 12:31:10
国交断絶が一番良いと思う。
名無しさん 2018/07/25(水) 08:39:20
技術っていうのはペーパーの上に書かれたものだけじゃなくて人間も含まれるから、それをね保護せなあかんのですけど、そういったものの見方ができないっていうのが問題、あと技術者があまりにも世間知らずというのも問題ですな
名無しさん 2018/07/25(水) 11:57:15
これはこれとして
今更ながら
【 スタップ細胞 】って陰謀で握り潰されたんじゃね?
っと、思えて来てる。
名無しさん 2018/07/25(水) 09:40:04
こう言う記事を地上波でガンガン流してもらいたいですね、こんなに危険なんですよって国民や企業が理解しないとダメだと思う!
名無しさん 2018/07/25(水) 12:20:07
技術者に対して、文系が優位に立つ状況がおかしい。職人は大事なはずだが大事にしない。そのような風潮がある。営業が優位に立ち、職人は頭が悪いと思っている。そんな感覚で技術者が会社に残るはずがない。
名無しさん 2018/07/25(水) 10:29:47
盗む奴らも論外だが、その前に盗まれない待遇も日本の経営者に分かって欲しかった。ある意味日本には正しい資本主義社会は無く極めて社会主義に近い経営者がほとんどと思う。中韓に限らずより良い能力の人材には多額の報酬を用意するのは正しい事ではないか。日本の経営者はより安い人員にしか目を向けておらず人材と言う定義を理解して無いのだろう。
名無しさん 2018/07/25(水) 13:57:00
経済活動は下から上まで人そのものなんだよね。
それを軽んじる経営者がなんとおおいことか!
だから高額報酬に釣られて人とともに技術が流出していくんだよね。
ひょっとするともう日本は取り返しのつかないところまで来ているのかも知れない。
名無しさん 2018/07/25(水) 11:22:57
こう思えば良い『良いものほど狙われる』
名無しさん 2018/07/25(水) 09:10:53
もうじゃじゃ漏れ 裏切り日本人もおるし
名無しさん 2018/07/25(水) 10:45:53
技術が大事というのは、つまり技術を開発する人材が大事ということなんだけど、サラリーマンは会社に無私の心で忠誠を誓うべきだなんて発想で労に報いないんだから、流出するのも宜なるかな。
名無しさん 2018/07/25(水) 08:17:21
技術者軽視ここに極まれり。
名無しさん 2018/07/25(水) 09:09:21
日本の経営者は目先ばかりで長期的な視点が持てない人ばかりだから、まぁ当然の結果。
名無しさん 2018/07/25(水) 08:36:16
記事にあるように、数年前にサムスン経営者が「日本が潰れたら困る、日本が発明したものを、サムスン売ってやる」と言っていたのを思いだした。
今も昔も、これからも変わらない意識でしょう。
名無しさん 2018/07/25(水) 10:37:47
産業スパイの逮捕可能にする法律必要じゃないの?
名無しさん 2018/07/25(水) 09:08:30
日本はもっとスパイに対しての法律を厳しくするべき。
技術漏洩は個人レベルで責任が取れる問題ではない。会社全体、国全体に損害を与える問題だと技術者に理解してもらうこと。
奪われてた事に気がつかないって何でお花畑な国民なんだろう。人を疑う事を知らないのかな。
名無しさん 2018/07/25(水) 21:12:17
食糧自給力も悲しいほど低い、資源もロクに無い国,日本が生き残ってきた…そしてこれからも生き残るためには「技術力」こそがわが国の唯一至高の宝であると考える。
(金融系は相手あってのもの,為替操作されたら簡単にひっくり返る)
今の政治家サンたちはそれが悲しいくらい判っていないから心底情けない。具体的な技術力防衛・増強策を国家単位で何も実行せず、各企業に丸投げしているというお粗末さ。
本気で日本という国を守ろうとしているようにはとても見えない。
まあその程度なんだろうけどね。
名無しさん 2018/07/25(水) 15:15:06
民主党政権のままだったらダダ漏れだったろうな
名無しさん 2018/07/25(水) 08:39:38
日亜化学工業のような会社が多数を占める現状では無理です。他人から僅かな金で強奪するようでは。技術というのは出来た瞬間から陳腐化が始まるから常に新しく作らないといけない。特許は20年で終わる。
名無しさん 2018/07/25(水) 09:53:28
もう遅いと思う。
日本の企業にはグローバルと人員不足を盾に外国人が沢山いますが、そのうち日本がなくなるでしょう。
名無しさん 2018/07/25(水) 13:00:07
究極の選択肢は、韓国と関わらないこと、
つまり、
韓国で現地法人は、設立しないし、販売しないし、
韓国系企業とは取引しない、
そして、断交することだろう。

面倒なことには、最初から関わらないことだよ、
一度絡まった紐を解くのは、難しい。

名無しさん 2018/07/25(水) 10:35:48
所詮パクリ技術でその場しのぎしか出来ないのはわかってるが
本当に腹が立つよね。
名無しさん 2018/07/25(水) 08:15:33
ほんと、盗人猛々しい。
健康保険迄も。
名無しさん 2018/07/25(水) 11:04:40
パクられたことさえ判らないから白物は海外勢に
東芝しかりシャープetc
どんどん外資に売り渡す間抜けな経営者ばかりorz
名無しさん 2018/07/25(水) 08:37:17
技術は生き物なんだけどね。切磋琢磨をわすれないことが、肝要です。
名無しさん 2018/07/25(水) 09:54:51
盗みは 間違いなく世界1位だよ。これで ノーベル賞とか騒いでんだからお笑いだよ。世界中に工作員がいるからな 盗みでは既にノーベル賞だよ
名無しさん 2018/07/25(水) 09:39:37
企業が優秀な技術者や開発者な対して待遇の改善は必須。
ただし、それ以上に「盗んだ者」や「売り渡した者」、「買い取った者」の勝ち逃げを許してはいけない。
国益を損なうケースもあるのだから、売国奴には重罪を科せる様にすべき。
名無しさん 2018/07/25(水) 08:35:34
ホントに自衛しかない。口すっぱく文句を言ってもあいつらには響かない。
なんてったって常識を持ち合わせてない。冷徹に対応しないと今後も未来永劫たかられる。
名無しさん 2018/07/25(水) 10:51:38
中国、韓国はパクり、盗みは当たり前。
そう言う日本も戦後間もなくのころは欧米製品の物真似でした。しかし、日本はそこからひと手間ふた手間改良を加え、更に良い製品を世にも送り出して来ました。
しかし、こういうスパイとか情報分野は日本って甘いよなぁ。
名無しさん 2018/07/25(水) 10:21:23
乱暴な泥棒。…もはや強盗の類いですな。
名無しさん 2018/07/25(水) 11:26:46
役職就いてないと40そこそこで肩たたきされる国の企業だよw
引っこ抜かれて浮かれて手土産渡したら早々とクビ切られるんだからw
日本企業もそういった技術者を再雇用する代わりに本人から実体験を生々しく聞かせるというのもアリだと思うよ。

Source: かんそく - 韓国まとめ速報