韓国で「親日」がいけない(表向きの)理由は?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「お気に入り」フォルダーから古い記事がいくつか見つかって、あーそういえばこんなことあったなーと読んでみました。

国民日報の『シンシアリーは実名を明らかにしたらどうだ』記事はいつ読んでも面白いです(すでに面白いの基準が壊れているシンシアリー

そんな中、親日サイト大々的な取り締まりと閉鎖に関する記事を見つけました。2005年、2012年に1回ずつありました。サイトだけで約50サイト(2005年記事より)、書き込みの数では3ヶ月で1万9000個(2012年の記事)が対象だった、と言われています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

その際に「親日サイトがいけない理由」っぽいのが書いてあったので、今日はそれを紹介します。2005年11月1日世界日報です。

<情報通信倫理委員会は、憲法精神に反し、著しく歴史を歪曲している21個「親日・反韓」サイトの49件の情報を審議し、41件の情報について削除を要請したと1日明らかにした・・

・・情報通信の特性上、表現の自由や思想の自由は最大限保障されるべきだが、これらのウェブサイト(※親日サイトのこと)は、健全な常識を持った私たち国民を憤怒させるだけでなく、未来志向的で発展的な韓日関係を確立するために、むしろ障害に作用する恐れが高いことが、情報通信倫理委員会の判断である。

特に歴史的事実を著しく歪曲したり、国や社会の存立の基本システムを著しく毀損するおそれがあり、青少年の健全な人格と市民意識の形成を阻害する反社会的・非倫理的な情報が含まれたものと見ている・・>

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=022&aid=0000127862

 

2012年の場合は「接続遮断」されたブログもある、とのことです(2012年8月31日、東亜日報)。このときに放送通信審議委員会が動いて、多数のサイトが本格的に閉鎖となりました。妙なことに、取り締まりと李明博大統領の天皇侮辱発言とタイミングがほぼ同じです。

http://news.donga.com/3/all/20120831/49006098/1

 

まず出てきたのが、「憲法」です。反日から生まれた国ですからね、韓国は。引用した部分では最後の部分にある「国家や社会の存立の基本システム」も同じ意味だと見ていいでしょう。

次に、「健全」という言葉。人格、倫理、市民意識。そういうものが「親日」とは共存できない、というのです。すなわち、親日は韓国にとって反社会的なものです。

 

次に、「未来志向」「発展的」などの言葉から、親日は韓国がいう「未来志向」には含まれていないことがわかります。親日サイトを非難するときによく「日本の主張そのままだ」というフレーズが出てきますが、それも同じです。良い悪いの判断基準が主張の内容ではなく、日本と同じ事を言うから悪いことだ、というのです。

 

 

<「徴用工」の悪心>、重版が決まりました!

♨ 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

Source: シンシアリーのブログ