韓国人「三豊百貨店崩壊の原因は手抜き工事、責任者に「生ぬるい」処罰‥502人の犠牲者を出しながら社長には懲役7年の判決 韓国反応

 海外の反応 韓国

502人の命を奪った「三豊(サムプン)デパート崩壊事故」が28日、リアルタイム検索語に上がり、再び評価された。

三豊(サムプン)デパート崩壊事故は、1995年6月29日午後6時ごろ発生した。 当時、崩壊事故の原因が手抜き工事であることが明らかになり、波紋を呼んだ。

1

李俊(イ・ジュン)前、三豊(サムプン)建設産業会長は、初期は三豊百貨店を4階近隣商店街として設計したが、無断で一階をさらに上げた。また、商品をもっとたくさん陳列するつもりで、一部柱を除去しており、柱の太さも25%も減らした。

李前会長に対する判決は懲役7年6ヵ月。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱 海外・韓国の反応