韓国人「韓国が3万トン級の韓国型軽空母を開発へ!」3万トン級韓国型軽空母の性能はどの程度だろうか? 韓国の反応

 海外の反応 韓国

一般的に航空母艦は、9万トン級以上を「大型空母」、4万〜6万トン級を「中型空母」、その下を「軽空母」と呼ぶ。 運用目的によって上陸艦とも呼ばれるが、3万トン級なら従来の独島艦や馬羅島艦の1.5倍に達する。

F-35Bステルス垂直離着陸機を最大16機搭載することができ、海兵隊兵力3000人余り、上陸装甲車20台を載せることのできることが分かった。

関連

1

軍と造船業界の関係者によると、米国、日本、イタリアなどが運用していたり、配備を計画中の同級艦艇を参考にすれば、韓国型軽空母の実体をより具体化できる。 排水量2万5000~3万トン級の米ステルス揚陸艦「ニューオーリンズ」イタリア新型揚陸艦「トリエステ」、日本軽空母「出雲・加賀」などがそれだ。

日本の横須賀基地に拠点を置いている米7艦隊所属のニューオーリンズ号は2017年に韓米連合上陸演習に参加した。 韓半島有事の際にはやはり7艦隊所属のアメリカとともに、一番先に投入される駐日米海兵隊兵力の展開を支援する役割を果たしている。

ニューオーリンズは長さ208m、排水量2万5000トン級だが、レーダーによくかからないステルス設計で建造された艦艇だ。 輸送ヘリ(CH-46)と多目的ヘリコプターオスプレイ(Osprey、MV-22)などを搭載している。 軍事専門家らは、ニューオーリンズ艦が韓国型の軽空母に比べて規模は小さいが、ステルス艦という長所と搭載ヘリの性能に注目すべきだと語る。 朝鮮半島周辺の戦場環境を考慮すれば、効用価値が高いということだ。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱 海外・韓国の反応