韓国人記者が「KTXの騒音はあまりにもひどい。日本人に『戦車の中かと思った』と言われるレベルだ」と大憤慨【動画あり】

「戦車の中なのかKTX室内のかわからない……」(世界日報)

知り合いの結婚式に出席するために4月7日の午後、釜山発ソウル駅行KTX206号列車に乗った。

列車が10分を走って釜山都心を離れ金井トンネル(20.3㎞、国内最長の鉄道トンネル)に入った瞬間から、普段からひどいと思っていた騒音は加速度的にひどくなった。
証拠を残さなければという考えに金井トンネルを通って千聖山トンネルを通過する間に、携帯電話を取り出して録音を開始し、2分ほど続けた。

「ピピピピ、ビー、ビー」という機械音に加え「ヒュー、セエエン、セエン」というような機械的ノイズが延々と続いた。ちょうどKTXの関係者が通ったので「KTXはなぜこのように騒音が激しいのか。とても眠れない」としたところ、「トンネル通過時は、元からひどいのです」という答えが返ってきた。
「これ録音して、インターネットにアップしてもいいものだろうか」と言うと「ぜひ上げてください。そうすれば問題提起にもになるでしょう」と言われた。
KTX京釜線の場合、全区間に70以上にも及ぶトンネルがあるために、騒音が少し低くなる平地からすぐまたトンネルに入る現象が繰り返される。このため、騒音によるストレスが加重されている現象さえ現れている。
臨時便として投入されているKTX 206号列車の場合、社内騒音がトンネルでの基準値71db(平地66db以下)をはるかに超える80dbを上回ると予測される。この基準値自体も住宅地、観光・休養地区事業場における夜間基準値(45db以下)に比べて途方もなく高く策定された不合理なものである。

現在KTXの室内騒音レベルは環境意識が韓国に比べて大きく及ばない、中国の高速鉄道に比べても非常に高い。中国の首都北京と第2の都市上海を接続する1318㎞の長さの京滬高速列車も室内の騒音は65dbでKTXに比べてはるかに良好である。
特にトンネルと平地の区別なく全区間40dbを下回る、日本の新幹線の快適な乗り心地、静粛性には比較すらできない。
(中略)

日本人大島典子(51・釜山鎮区)氏は、「日本の新幹線室内は非常に静かなです。韓国の高速列車に乗っていると、トンネル通過時に戦車に乗っているような感じがする」とし「日本の観光客がKTXを利用して、慶州やソウルにたくさん行っているので騒音を減らすことができれば、さらに気持ちよく観光を楽しむことができるだろう」と述べた。

(引用ここまで)

 KTXに乗った記者が「これはあまりにもひどいのでは」ということで特別レポートを掲載した、といったところですかね。
 日本では「プッシュプル方式のKTXは動力分散方式の新幹線よりも静かだ」というような話がまことしやかに語られているのですが。
 たとえば「日帰りで平昌に行ってみよう」という朝日新聞記者によるレポートなんかも「新幹線より静かかも」って書いてましたね。
 平昌行きのKTXは時速250kmに最高速度が制限されているので、そういうこともあるかもしれませんが。

 毎度毎度おなじみのこの動画でも貼っておきますか。

 実際、ガタピシ言い出すのは280km/hを超えたあたりから。
 定期的にこの動画に「フェイクだろ」とか「手で揺らしている」っていうコメントがつくのですが、そしたらガタピシ音はどうやって出しているんですかね(笑)。

 でもってこちらが記者の録音したもの(音声のみ)。

 どちらの動画でも聞こえているこの「キーン」という耳障りな音は一定速度を超えると延々としています。
 軽量化のために車体が薄くて応力に負けているのだろうなぁ……というイメージです。あと振動に関しては保線の問題もあるでしょうね。

 新幹線の車内が40デシベルっていうのはどこから出てきた数字なのか不明ですが、まあKTXに比べたらどこの高速鉄道だって静かだと思いますわ。

飛行機、新幹線を多用するならホントにおすすめ。
ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2 : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付き 2017年モデル ブラック WH-1000XM2 B
ソニー
2017/9/5


Source: 楽韓Web