韓国外相「北朝鮮の人権問題は我々にとって優先事項ではない」と断言……北朝鮮の狗じゃねえか……

韓国外相「北の人権問題は優先事項ではない」(朝鮮日報)

 韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)長官(写真)は3日、北朝鮮の人権問題について「北朝鮮と非核化を交渉するテーブルで、人権問題は優先順位(priority)のあるものではない」と語った。対話の局面では北朝鮮の癇に障りかねない問題は取り上げたくない、という趣旨だと受け止められる発言で、論争になることが予想される。

 康長官は3日、ソウルのプレスセンターで開かれた外信記者懇談会にて、「韓国は北朝鮮の人権問題に消極的」という指摘に対してこのように答えた。康長官は「非核化平和システムを作っていく過程で北朝鮮が国際社会と交流を拡大すれば、北朝鮮の人権状況は好転し、いずれはこの問題をもう少し本格的に議論できるだろう」と発言した。なお、康長官は「北朝鮮の人権問題をめぐる国際社会の努力に、韓国政府は積極的に参加してきており、北朝鮮が国連の各人権機関と積極的に対話するよう引き続きメッセージを送っている」とも主張した。

 韓国内外の専門家や人権運動家らは「文在寅(ムン・ジェイン)政権は北朝鮮の人権問題から目を背けている」と指摘してきた。北朝鮮人権財団は、2016年に関連法(北朝鮮人権法)が制定された後も理事グループを立ち上げることができず、昨年には財団のオフィスが閉鎖された。

(引用ここまで)

 ムン・ジェイン政権になって以来、北朝鮮人民の人権というものは完全に無視されています。
 まず、ムン・ジェイン自身がこれまで一度も脱北者との面会をしていないのです。
 もうこれだけでムン・ジェイン政権がどんな方向性を持っているのか、理解できそうなもんですね。
 その他、現在存命中の高位脱北者としては最高位にあるであろう元駐英公使であるテ・ヨンホは首……じゃなくて「100%自発的な辞意表明」をさせられてましたね。
 現状の韓国では、北朝鮮に対する不敬行為があってはいけないのですよ。
 アメリカでの韓国向けF-35Aの初号機ロールアウト式典にもより格下の将官が向かい、韓国への納入の際も最小限のイベントを開催したのみでした。
 同様に強襲揚陸艦の独島がようやく搭載ヘリを獲得することができたマリンオンの完成の際にも、対北朝鮮で使用するというPRを控えろという指示が出回りました。
 ベトナムに向かった脱北者が中国に送還されそうになった際も、無視を決めこんでいましたっけね。
 彼らを含んだ6人のグループはその後、脱北者支援グループが中国側の国境警備隊にわいろを出して開放してもらったとのこと。韓国に向かおうとしているとのことです。

 さて、そんな中でアメリカの北朝鮮専門家であるスコット・スナイダー氏等から「韓国与党の北朝鮮人権問題に対する態度はおかしい」という指摘がここのところ相次いでいます。

米専門家「北の人権問題、韓国の進歩政権は国際社会と正反対」(朝鮮日報) Web魚拓

 記事にある質問自体もおそらくはこの指摘を受けてのものでしょう。
 で、それに対するカン・ギョンファの答が「北朝鮮の人権問題には優先度のあるものではない」と発言した、と。
 まあ……見事ですね。
 北朝鮮と友好関係を結ぶためであれば、実際に苦しんでいる北朝鮮国民なんてどうでもいいと宣言したも同然ですから。
 ちなみにこの会見後に上記とは別の脱北者グループが中国から送還の危機にあるということを市民団体が訴えてきて会場に乱入したのですが。

文在寅政権の「大いなるカン違い」を象徴する1枚の写真(デイリーNKジャパン)

 それに対してカン・ギョンファは「詳細は言えないが最善を尽くす」と答えたそうですわ。
 これも(北朝鮮にとっては)満点の回答ですね。なにをするかを述べない。
 そもそも救出するつもりがあるのかないのかも言わない。
 手を出さなくても「いやー、最善は尽くしたのだけどなー」とは言えますからね。
 ムン・ジェイン政権の人権意識というものが、どういった類いのものであるのかよく理解できる話ではないでしょうか。


Source: 楽韓Web